会社に必要な人材を確保するための人材採用のコツ

実際に現場で必要としている人材はと聞かれてすぐに具体例を出して答えることは難しく、またその職種や役割によって必要な人材が異なります。例えばお客様から何かを提案したり、創作することが求められている仕事とお客様から丁寧な仕事や誠実な対応を求められている仕事があるとします。二つの種類の仕事内容では必要な人材は異なり、向いている人物も変わります。創造力やアイディアが必要な仕事ではあれこれ物事を考えることが出来る人物であったり情報収集が得意な人、ポジティブな思考の人物が向いています。誠実な対応が求められている仕事ではきちんとした性格の持ち主で細かい作業を続けることが出来たり、物事に対して真面目に取り組むことが出来る人物が向いています。仕事内容とその人物の性格や特性が合っていないと教育に時間が掛かったり、成果を出すまでに時間が必要になる場合があります。コストが掛かったり、時間を節約するためにも担当する仕事内容に合った人物を見つけて、人材採用を行うことが大切です。

柔軟性があり自社に合う人物を見つける

苦労して育てたのに途中で辞めてしまってはコストや時間が無駄になってしまうので、必ず自社に合った人材や職種に合った人材を採用するようにします。そのためには自社に必要な人物や合っている人物を事前に明確にして、条件をある程度決めておくようにします。人材採用を行うときにはスキルや性格、その人の特性などを具体的な言葉でリストアップしておきます。社内で話し合いを行い、本当に必要な人物を洗い出します。自社に合う人物は時代やその企業の成長によって変化するので従来の方法で採用を行うのではなく、ある程度変化に強い人物を採用することもポイントです。今まで活躍していたタイプの人物がこれからも活躍し続けることが出来るのかは分からないので、これからの人材採用では柔軟性のある人物を積極的に採用するようにします。

新しい価値が生まれる人材採用とは

企業という組織は長い間に渡って経営していると価値観や考え方、仕事のやり方などが決まっているので、似たような人材が集まります。似たような人材が集まることで全員が同じ方向を向いて動くことができ、仲間意識も高まるメリットがあります。ただ似たような人材が集まってしまうと考え方が決まってしまい、柔軟性や多様化が無くなる可能性もあります。違った意見を出しにくくなったり、新しい考え方が採用されにくくなります。企業の考え方や習慣が固まってしまい、柔軟性が必要なときには違う価値観を持っている人物を採用します。凝り固まっている組織に新しい風が入り、社員に良い影響を与えることが出来ます。中途入社者が能力を発揮しやすい環境を整えたりして、違う価値観の持ち主を積極的に採用することで新しい価値が生まれます。