人材採用をするに当たっての正しい心構え

会社の将来を担う人材をいかに確保すれば良いかは大きな課題です。まず優秀な人材が応募してくるような環境を作ることが必要となります。その上で、応募者の中からどのようにして求める人材採用をすれば良いのを知っておくことが必要となります。ポイントは自ら考えて行動できる自主性を持った人材を見極めることです。そのためには面接でどのような質問をすれば良いのかが重要です。中には面接対策のために体裁の良いアピールを考えてくる人もいます。そのような人と優秀な人材とを見極めるコツは、本人でなければ語れないような質問を投げかけることです。例えば前職でどのようなことに苦労したのか、それを解決するためにはどのようにすれば良いのかといった質問を投げかけると、様々な情報を得ることができます。

優秀な人材採用のためにはまず、受け入れ体制を作ること

会社の将来を担うような優秀な人材が欲しいと、どの会社も願うものです。けれどもうちは零細企業だからとか、大手ではないから応募者がいないと長く会社も多くあります。けれどもこれは、優秀な人材がどのようなものかを理解していない証拠です。優秀な人材というものは、物事の本質を求める人のことです。たとえ零細企業であっても、そこに働く価値があると判断すれば応募してくるものです。そしてその価値は何かと言うと、会社の経営理念です。仕事を通してどんな社会還元をしたいのか、目的をしっかりと定めていれば、自然と優秀な人材は集まってきます。そのような社会に必要な会社は存続させなければならないと思うからです。そこでまず、優秀な人材採用をしたいと思うのであれば、会社の理念をしっかりと定めることが必要です。

人材採用のための人選の方法とは

人材募集を出して応募者が集まったら、面接で人選を行います。そこでどのようにすれば優秀な人材を見極めることができるのかが課題です。どの会社でもここでつまずくものですが、ポイントはただ一つ、自主性を持った人を選ぶことです。自主性とは、自らが持つ価値観に照らし合せて必要と考えることを成し遂げることです。会社の理念に共感した人材は、そこで自分がなすべきことを行おうと意欲を持ってやってきます。そこでまず質問することは、どのような点で共感したのかということです。単に志望動機を質問すると、マニュアル通りの答えが返ってくることがあります。けれども、会社の理念に共感すると語る人は少ないものです。このような人材を採用することが何よりも大切なことであると言えます。