会社にとっての人材採用の重要性をご説明します

「人材」は企業にとってとりわけ重要な要素であり、その調整如何では企業の存続自体が危ぶまれてしまうこともあり得ます。そもそも人材が居なければ日々の業務を適切に行っていくことが出来なくなってしまいますし、人材がいたとしても必要な能力を身につけていなければ業務効率が悪くなってしまうばかりでなく、クライアントに対する信用を損ねてしまう可能性も出てきます。人材は時に「人財」と表されることもあり、文字通り財産としての価値を持つものです。その為、「人材採用・人材管理が如何に重要なものであるか」と言うことをしっかりと理解していないと、経営者の思惑とは全く違った結果を招く要因になる可能性が大きくなってしまいます。そこで、その重要性について簡単に説明をしていきます。

人材が「人財」となるまでにはコストがかかる

例えば、すでに高い能力を持った人材を中途採用する場合、入社後すぐに会社に大きな貢献をしてくれることもあります。もっとも、中途採用をする目的はそこですから、逆を返せば「早い段階で結果を出せる『人財』となってもらわなければ困る」というのが本音でしょう。しかし、如何に優れた人材であっても、通常は採用から結果を出すに至るまでには一定の時間が必要です。入社後、数日で結果を出せるような人材こそ稀な存在で、経験の有無にかかわらず数週間~数か月程度は教育期間となってしまうものです。つまり、「人材が『人財』になるまでには時間とお金がかかる」ということですから、優れた人材を長く雇用し続けること、そしてその候補となる人材をより多く雇用することが重要になってくるわけです。

計画的な人材採用をしなければ倒産のリスクが高まる

前項で書いた通り、人材が『人財』として機能するまでにはコストがかかります。人によってそのコストが高いか安いかという違いはあるにしても、「そもそも不確定な根拠でしかない状況」になってしまう訳ですから、「計画的な人材採用計画」に基づいて行われなければいけません。「たくさん雇用すれば、その中に有能な人が何人かはいるだろう」などと安直な考えでは『人財』は集まりません。予め定められた目的を達成するために、その可能性を秘めた人材を見つけ出すことが出来なければ経営を圧迫するだけです。万年人材不足に陥っている企業は常に経営危機に瀕していることが多く、逆に人材に恵まれている企業は業績も安定していることが多くなります。これは「良いところに良い人財が集まる」と言うだけの話ではなく、計画的な人材管理によってそうなるべくしてそうなっています。

人材紹介会社を複数利用している会社様でもスムーズな利用が可能です! リクログの月額費用は7万円からとなっております。 導入までは通常1ヶ月、最短ですと2週間程度でサービス開始できます。 Indeedから自社サイトに誘導することで応募者を増やします。 管理の手間が省けることで、応募者との対応に時間を割くことができます。 メールでの受付は24時間受付ております。 人材採用にお悩みならここへ!